医療脱毛について リゼクリニック VIO脱毛について

リゼクリニックでvio脱毛を体験した口コミ

投稿日:2018年4月21日 更新日:

リゼクリニックの入口

リゼクリニックの特徴

  • ・シェービング代、薬代が無料
  • ・予約時間の3時間前なら当日でもキャンセル可能
  • ・硬毛増毛化の保証制度あり
  • ・打ち漏れの追加保証制度あり
  • ・途中解約できる
  • ・有効期間が長い
  • ・効果を判断するためにvioでも写真撮影をする

>> リゼクリニックのサイトを見てみる

剃り残しを無料で剃ってくれる

リゼクリニックのメリットの大きいひとつが、シェービング代の無料サービスですが、剃り残しが多かったり、剃り忘れた部分があると、その分施術時間がシェービングに手間取られるため、照射する時間が短くなってしまいます。

例えば、今回のvio脱毛では1回あたりの施術時間が初回は45分、2回目からは30分となっています。

着替えも含めると1時間〜45分程度。次の予約があるので、きっかりその時間内に収まるように看護師さんも施術します。

炎症を抑える薬を無料でくれる

リゼクリニックの薬
↑脱毛後リゼクリニックで無料でくれるアフターケアクリーム(軟膏)

施術後に軟膏のお薬をくれるんですが、ステロイドが含まれているそうなので、赤みが残っている場合のみ使用で、それ以外は使わないでくださいとのことでした。

この軟膏は、初回にもらい1回目以降も使います。

急な生理でも安心な当日キャンセル可能

予約時間の3時間前なら、当日でもキャンセルが可能です。でも、予約時間が10〜13時までの人は、前日の診療時間内までに連絡する必要があります。

3時間以降にキャンセルすると、1回分が消化になるので、注意は必要ですが、多くのクリニックでは、前日〜3日前以降のキャンセルは1回分消化になることが多いので、リゼクリニックのこのシステムは貴重だと思います。

リゼクリニックの硬毛増毛化の保証制度とは?

もし、脱毛の刺激で毛が増える「増毛化」、硬く太い毛が生える「硬毛化」の症状が現れた場合は、医師の診察を経て、有効期間1年の間に、半年間隔で2回無料で追加照射できます。

症状が出やすいのは、二の腕や背中など細い毛が生えている部位なので、vioで硬毛・増毛化の症状が出る可能性は低いです。

打ち漏れの保証制度がある

看護師さんによると、vioは特に痛みが強いため、体が動いてしまい、打ち漏れが発生しやすい箇所のようです。

もし 、他は抜けたのに1列だけ残っているなど、明らかなうち漏れがあった場合は無料で追加照射をしています。

2〜3週間経っても抜けない箇所があったら、打ち漏れの可能性をクリニックに電話して伝えます。その時に、あまりに間が空いてしまうと、打ち漏れの確認ができないので、照射から4週間以内に連絡する必要があります。

>> リゼクリニックの無料サービス内容を見る

リゼクリニックの中途解約システム

契約してからの期間が1ヵ月を超え、契約金額が50,000円を超える場合は解約できます。

解約手数料がかかり、契約残額(未消化分の残金)の20%か、最大で50,000円の料金がかかります。

リゼクリニックの有効期間は5年

リゼクリニックでは、脱毛メニューは全て5回の有効期間5年間となっていて、5回以降は半額程度の料金で追加照射が可能となっています。

他クリニックの期間では、1年〜長くでも3年程度が多い中、かなり余裕をもって通えます。

もし、途中で妊娠など、通うことができない、やむを得ない事情があっても、さすがに、5年以上は延長することはできません。

施術前には必ず写真撮影をする

ショッキングだったのが、vioでも効果を記録するために、施術前の写真を撮影するんだそう。(ええー!!)

断ろうかと思いましたが、今回、私は取材だったので、撮影はありませんでした。(ホッ。。)でも、契約するには、施術部位の写真撮影は必須とのことです。

クリニックによっては、写真撮影しないところもあり、私はそういう所しか行ったことが無かったので、とても驚きました。

リゼクリニックの料金&支払い方法

全身脱毛+顔+vio5回397,000円月額17,500円
全身脱毛+vioまたは顔5回359,000円月額15,700円
全身脱毛(顔・vioなし)5回299,000円月額13,000円
手足
(ひじ下ひざ下)
5回118,800円月額5,200円
腕全体5回75,800円月額3,300円
足全体5回118,800円月額5,200円
VIO脱毛5回98,800円月額4,400円
顔脱毛5回98,800円月額4,400円
口周り脱毛5回59,800
麻酔3,240円

リゼクリニックの月払いとは?

支払回数は24回で、指定した口座から毎月決まった金額が引き落とされる「定額プラン」です。

もちろん、一括で支払う方が総額は安いです。定額プランと一括払いでの差額は以下の通り↓

全身脱毛+顔+vio差額+23,000円
全身脱毛+vioまたは顔差額+13,000円
全身脱毛(顔・vioなし)差額+13,000円
手足
(ひじ下ひざ下)
差額+6,000円
腕全体差額+3,400円
足全体差額+6,000円
VIO脱毛差額+6,800円
顔脱毛差額+6,800円

リゼクリニックで使えるカードの種類

VISA・MasterCard・JCB・americanexpress・Diners・DISCOVER

支払回数は1回、2回、ボーナス払いが使えます。クレジットカードは2回払いまでだと、金利はかかりません。

注:JCB・AMEX・Diners、DISCOVERは1回払いのみ(大宮院はVISA・MasterCardのみ利用可能)

後からカード会社に連絡して、リボ払いで細かい分割にすることもできますが、リボ払いは金利が年率15%と高いので全くオススメしません。

医療ローンも組める

医療ローンは、3回〜最大60回払いまで分割することができます。

実質年率は8.5%なので、クレジットカードよりは年率が低めですが、全身脱毛の場合、分割回数が12回以上だと、月払いより総額が高くなります。

定額プランの24回よりも回数を多くしたい人、10回以内に支払いを終えたい人に向いている支払い方法です。

リゼクリニック渋谷院の雰囲気

リゼクリニックの待ち合いソファ

白が基調の綺麗で清潔感のある内観です。靴を脱いで、スリッパに履き替えます。ここで呼ばれるのを待ちます。

リゼクリニックの待ち合い(男女別)

男性用の待ち合いスペースがついたての向こうにあります。一緒の待合室で気まずいということはなさそうですが、男性側が隔離されているようでちょっと可哀想な感じも…。(苦笑)

リゼクリニックの廊下
通路はけっこう狭いです。2人でギリギリすれ違うことができる幅の広さ。

奥までは行っていないので、部屋数のハッキリした数字は分かりませんが、この通路だけで4室はあったので、奥を含めると部屋数はけっこう多いんじゃないかなと思います。

リゼクリニックの施術ルーム
【リゼクリニック渋谷院の施術ルーム】

広さは3畳くらいの印象。広くはないですが、別に着替えにくいといった不便さはなく、ロッカーが意外にそこそこ広いので、荷物の置き場に困ることもありませんでした。

>> リゼクリニックのサイトを見てみる

リゼクリニックのWカウンセリングとは?

リゼクリニックのカウンセリングルーム

最初に医師から脱毛の仕組みやレーザーについての説明を受けます。

かなり細かく説明するのはもちろんのこと、こちらから色々な質問をしても、どれも丁寧にゆっくりと答えてくれるので、ここで気になる事を全て聞けば、不安は解消できると思います。

医師のカウンセリングが終わった後は、スタッフの方に交代し、保証内容や料金システムなどの説明を受けます。

Wカウンセリングと聞くと、特別な感じがしますが、けっこう他のクリニックでも、このような流れの所が多いんじゃないかと思います。

リゼクリニック渋谷院の看護師さんや医師は、早口でバーッと説明するタイプではなく、しっとり、おっとり、という感じ。

>> リゼクリニックのサイトを見てみる

リゼクリニックの脱毛機

ジェントルヤグ

リゼクリニックの脱毛機ヤグレーザー

一般的に脱毛は、日焼けをしていたり、色黒肌だと火傷のリスクがあるためできませんが、ヤグレーザーは色黒肌でも照射できるレーザーです。

波長が長く、奥の皮膚層にまで浸透するため、「痛みが強い」「効果が高い」という口コミが多く見られますが、看護師さんによると、実際はレーザーの違いによる効果の差はないのだそう。(他のクリニックの看護師さんも同じ事を言っていました。)

渋谷院では、vioの脱毛にはヤグレーザーを使用するそうです。ヤグレーザーの機器の方が照射口が小さく、iラインなど細かい部位の照射に適しているんだそう。

ヤグレーザーの照射口サイズ

ジェントルヤグの照射口

ヤグレーザーの痛み

私にはアレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズプロ」と同じ様に感じ、口コミにあるようなヤグレーザーが特に痛いという、違いは分かりませんでした。

照射すると同時に、冷たいガスを噴射する仕組みで、毛根に熱い衝撃と、空気の強い圧力で皮膚は硬い感触を感じます。

衝撃は「バチンッ」っとした熱い痛み。痛みの詳細については下のリゼクリニックのvio脱毛の痛みを見てみて下さい。

メディオスターNEXT

リゼクリニックの脱毛機メディオスターNEXT
メディオスターNEXTは、毛が成長するための栄養を送る組織「バルジ領域」(毛根の近くにある)をターゲットにしている新しい脱毛方法です。

従来の脱毛方法は、毛根細胞のメラニンをターゲットに高温熱を照射して破壊しますが、メディオスターNEXTの場合、徐々に加熱していく方法で、火傷のリスクも低く、皮膚へのダメージも少ないことが特徴です。

照射口が広いので、リゼクリニック渋谷院ではvioや顔以外の体の部位に使用しているそうです。

メディNEXTの照射口サイズ

メディオスターNEXTの照射口

メディオスターNEXTの痛み

メディオスターNEXTは、照射したことがないので個人的感想は書けませんが、リゼクリニックでは、「熱い飲み物の入ったマグカップを当てたような痛み」と説明しています。

口コミだと「全然痛くなかった!」という内容が多いですが、痛みがゼロというわけではないようです。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、大きい照射口にかぎり、吸引しながら脱毛します。顔などに使用する小さい照射口は吸引対応ではないので、冷却ジェルを事前に塗ってから、照射します。

ライトシェアデュエットの痛み

※ライトシェアデュエットは撮影できなかったので、アリシアクリニックの写真を使用しています。

アリシアクリニックの腕脱毛照射している様子
吸引タイプの大きい照射口で、腕を照射したことがありますが、脱毛サロンと比べても全く痛みがなくて驚きました。

吸われているので、キュポキュポ音がしますが、熱くもないし、吸われている感触で痛みは本当に分からなかったです。ちょっとチクチクするかも??くらいな感じです。

脱毛後に見てみても赤くなっていませんでした。

アリシアクリニックの手脱毛照射している様子

逆に、小さい照射口の方は、ビリッ!バチンッ!とした脱毛特有の痛みがありました。冷却ジェルを塗っても、やっぱり熱かったですね。

あと、焦げ臭い匂いが怖かった。。脱毛後は赤くなっていましたが、1時間くらい経つと、赤みも引いていました。

>> リゼクリニックのサイトを見てみる

リゼクリニックのヤグレーザーでvio脱毛を体験した口コミ

場所が場所だけに写真はないですが、vio脱毛を体験したのでレポートします。

vio脱毛する時の体勢

照射範囲をマーキングします。iラインのマーキングをする時に、ベッドに仰向けの下半身丸出し状態で、足だけあぐらをかくポーズをします。

vioには紙パンツを用意しているクリニックもありますが、リゼクリニックは何も履かずに施術します。

これは…相ー当ー恥ずかしいです。部屋も明るいし、至近距離で見られるし、その状態でマーキングするわけですからね。でも、まぁしょうがない。

oラインは、またお尻をモリッとかき分けて、剃り残しがないかチェックするんですが、それもまた恥ずかしくて内心「ああ〜(やめてぇええ!!!)」と、つい体がこわばってしまいました。

リゼクリニックのvio脱毛範囲は広い

骨盤のでっぱりから下の三角ゾーン(足の付け根まで)がvライン、そこから奥の肛門までの部分がiライン、肛門の周囲半径2cmの部分が脱毛できる範囲です。

vラインは、下着のショーツに覆われている正面の部分が、だいたいの脱毛範囲と考えると分かりやすいです。

私は、綺麗に揃って生えていないvライン上の毛を整えたかったので、上の部分まで範囲が及んでいて良かったです。

リゼクリニックのvio脱毛の痛み

最初は痛みの加減が分からないので、1発ずつ照射して看護師さんが「どうですか?」と、痛みを確認しながら進めます。いきなり連射はきついので、初めはゆっくりと照射して行きます。

vラインの上部から始めていきますが、やっぱり熱〜い痛みを毛穴にジュワッと感じます。でも、我慢できない程じゃない。麻酔なくても大丈夫だなーと思っていました。始めのうちは…。

徐々に中心部に近づいていくにつれて、痛みはレベルアップ!!看護師さんが「ここが一番痛い箇所です。」と、心の準備のため事前に教えてくれましたが、特に恥骨のてっぺん?骨が一番出っ張っている部分が、ムチャクチャ痛いです。

骨が近い部分は、体が勝手にビクッと動いて、腰が逃げてしまうくらい、ものすごい刺激でした。

でも、前に照射したことのあるアレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズプロ」と痛みの種類は似ているように感じて、特別ヤグレーザーだから痛いということはなかったです。

痛みは、火傷した瞬間の感覚に似ているかもしれません。「アチッ!!」と感じて、体が反射的によける感じ。

でも、不思議と慣れて来て、最初ほど体がビクッと動かなくなって行きました。oラインはピリピリするくらいで、viラインと比べたら、拍子抜けするくらい痛くありませんでした

看護師さんによると、vio脱毛をする人の6割が麻酔をするそう。私も、あまりの痛みにvラインとiラインの部分は麻酔は必要だと思いました。(ちなみに痛みには敏感な方)

>> リゼクリニックのサイトを見てみる

リゼクリニックのvio脱毛の麻酔

麻酔は塗るクリームタイプと、鼻や口から吸入して意識がぼんやりする笑気麻酔の2種類があり、ほとんどの人はクリームタイプを選択するとのこと。

クリームタイプは1本、笑気麻酔は30分で3,240円です。

クリームタイプは、薬を塗って効かせるまでに時間が必要なので、脱毛の30分から1時間前に塗っておく必要があります

笑気麻酔は、なんだか大丈夫?と不安に思いますが、麻酔をきるとすぐに意識がはっきりしてくるそうです。

また、笑気麻酔の場合は、効き目が悪くならないように、脱毛前には水分を控える必要があります。

ホクロは照射できない

ホクロは照射できないので、保護シールを貼ります。(下記参照)

リゼクリニックのほくろ保護シール

写真のシールは一番小さい5mmくらいの大きさですが、それより大きいサイズのシールも、2段階に分かれてあります。(S・M・Lみたいな)

その他リゼクリニックのいろいろ

全身脱毛にかかる時間はどのくらい?

1度に全身全てのパーツを照射すると、約4時間かかります。

でもそれは、予約枠が空いていればの話しで、実際まとまった予約時間を確保できることは難しく、また長時間の施術は体に大きい負担です。(4時間近く裸でいるのはキツいですよね。。)

そのため、「顔」「上半身」「vio」「下半身」の4つにパーツを分けて、4回で通う場合が多いです。

パーツ毎にかかる時間は、顔が45分、上半身が1時間半、vioが30分、下半身が1時間となっています。着替えの時間や、待合室に居る時間は含まれていません。

もし当日生理になってしまったら?

生理になってしまったら、vioの脱毛はできません。

当日にキャンセル場合は、予約時間の3時間前に連絡する必要があり、それ以降のキャンセルは1回分が消化となってしまうので注意です。

ちなみに午前中や13時までの予約は、前日の診療時間内に連絡する必要があります。vio脱毛の場合は、急な生理に備えて13時以降の予約にした方がいいと思いますね。

妊娠した場合

妊娠したら脱毛の施術を受けることはできません。

じゃあ、途中で辞めなきゃいけないの?と思うかもしれませんが、例えば、有効期間の5年内でしたら一旦お休みすることができます。

例えば、5回コースを3回消化したところで、妊娠を理由に脱毛を中断したとしても、有効期間の5年内でしたら契約は有効です。5年以上は延長することはできません。

キャンセル・遅刻について

キャンセルは上にも書きましたが、予約時間3時間前までなら、ペナルティー的なものは無しで、変更することができます。

でも、予約時間が10時(午前中)〜13時の時間帯なら、前日の診療時間内に連絡しなければいけません。

もし、3時間以降を過ぎての、キャンセルの場合は1回分消化となります。

遅刻は、遅くなってしまった分だけ施術時間が減ってしまいます。vio脱毛で30分の遅刻をしたら、1回分が消化となってしまうので気をつけましょう。

レーザー脱毛のお試し・テスト照射はできる?

どうしても痛みが気になる人は、1ショットのメニューで試すことができます。値段は以下の通り。

●9mm×9mm…1,080円
●円形18mm…1,080円
●22mm×33mm…2,160円
●5cm×10cm…14,040円
●10cm×10cm…21,600円

リゼクリニックのまとめ

ここまで、たっぷりとリゼクリニックの紹介をしてきましたが、内容てんこもり過ぎて読んでて大変かもしれませんね。(笑)

クリニックで、処置料やシェービング代・初診料が無料な所は増えて来てはいますが、まだまだ少数なので、これだけのサービスと保証内容はとても充実していると思います。

月払いも他のクリニックと比べて、一括払いとの総額に大きい差が無いのも、リゼクリニック独自のサービスだと思います。

全国にクリニックがあり、気になった方はお試しできるメニューもあるので、よかったら行ってみてください。

-医療脱毛について, リゼクリニック, VIO脱毛について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vio 医療脱毛 大阪・梅田周辺のクリニックと脱毛サロンの特徴・料金比較

vio脱毛の注意点は、vゾーン全体を脱毛するか否かで料金が大きく変わること。 vゾーンはそのままで、サイドの毛だけ処理したい場合はいいですが、全体の毛量を減らしたい場合は、「ハイジニーナ」という全部を …

vio脱毛の格安キャンペーン比較【医療脱毛クリニック6院・脱毛サロン6社】

見出し1 vio脱毛キャンペーンの料金比較1.1 医療脱毛クリニック5院のvio脱毛キャンペーン比較1.2 脱毛サロン6社のvio脱毛キャンペーン比較2 vio脱毛キャンペーンのある医療脱毛クリニック …

no image

医療全身脱毛が安い新宿のクリニック16院の料金比較と特徴まとめ

最近の医療脱毛は、前と比べて手の届きやすい価格になってきたと感じる方も多いのではないでしょうか? 同じような値段なら、脱毛サロンよりも効果が高く、通う回数も少なく済むレーザー脱毛を選びたいですよね。 …

医療レーザー脱毛の危険性とデメリットのまとめ

ひとくちに医療レーザー脱毛といっても色んな機種があり、自分の肌質や脱毛部位によって使い分けると、より効果的に脱毛することができます。 今回は、医療レーザー脱毛のリスクについてと、医療レーザー脱毛のメリ …

Vラインの中も全照射ができる医療レーザー脱毛クリニックのまとめ

最近ではvio脱毛をする人が増えて来ていますが、実は脱毛範囲がクリニックによって違うことをご存知でしょうか?特にVラインは、際は脱毛できても正面も含めた全照射が出来るクリニックは限られています。今回は …