医療脱毛のデメリットとは?

脱毛する以前、私が永久脱毛に持っていたイメージは「ものすごく痛い」というもの。

熱い・痛いイメージを持っている人は多いんじゃないかと思います。

クリニックのサイトでは、良いことばかり書いてあるけど、本当はどうなの?って思いますよね。

ここでは、私が脱毛に通う中で、実際に感じた医療脱毛のデメリットについてお話したいと思います。

医療脱毛は痛い

医療脱毛の主流は、メラニンに反応するレーザーを照射して、毛根組織にダメージを与えて脱毛する方法。

脱毛サロンの光脱毛でも同じ仕組みですが、レーザーの方が、よりターゲットにスポット的にダメージを与えることができます。

出力も脱毛サロンより高いため、痛いです。エステの脱毛が、パチンとゴムで弾かれたような痛みだとしたら、医療脱毛は太くて熱いゴムを思いっきりバチン!と当てられたような感じ。

特に、VIOや鼻下はめちゃくちゃ痛いです。VIOは痛くて体が勝手に動く感じ。

でも、医療脱毛ならではの麻酔クリームを塗れば、少しはマシになります。

医療脱毛は照射後赤くなる

威力が強いということは、肌への負担も大きいので、照射の後はしばらく赤くなります。

プクッと腫れたり、数日経過すると白っぽいニキビができることもあります。

脱毛サロンでも、VIOは赤くなることあるけど、他の部位はすぐに引いてしまうことが多かったです。

皮膚が弱い人だと、こういう副作用が心配ですね。

ちなみに、私は医療脱毛だと、赤みが引くのに大体1日かかります。冬だったらもう少し早いかも。

脱毛サロンだと、その場で引く感じです。時間かかったとしても1〜2時間くらい。

補足で、私は赤みが出やすい肌タイプです。

医療脱毛は時間がかかる

脱毛サロンは、皮膚の上を流すように照射をするので、とてもスピーディーに脱毛が終わります。

対して、医療脱毛はバチン!バチン!と1回1回プッシュするようなイメージ。

機器によっても変わりますが、全身脱毛だと、脱毛サロンの2倍かそれ以上の時間がかかります。

脱毛サロンだと、全身脱毛は早くて30分くらい、医療脱毛だと早くて1時間〜1時間半はかかります。

料金が高めな場合がある

医療脱毛は高いのが当たり前だったんですが、最近では医療脱毛の価格が下がり、脱毛サロンと変わらないくらいになってきています。

ここで、誤解しやすいポイントが、脱毛サロンと医療脱毛では、かかる回数に違いがあるという所。

脱毛終了までの目安回数は、医療脱毛だと最低5回、脱毛サロンだと最低12回程度です。

5回という回数だけで見ると、脱毛サロンの方が安いじゃんと思いがちなんですが、そこは効果に大きい違いがあります。

医療脱毛5回と、脱毛サロンの12回が同じくらいの価格になってきたってことですね。

医療脱毛のメリット

デメリットばかり挙げては何なので、医療脱毛の良いところも挙げておきます。

私自身は、医療脱毛は良いところの方が多いと思っています。

  • ●効果抜群で脱毛サロンより早く終わる
  • ●産毛も脱毛できる
  • ●薬を処方してくれる
  • ●医師の診察がある

一番のメリットは効果が高いところ。脱毛サロンの半分程度の回数で終わります。

それに、脱毛サロンの光は弱いので、高い出力が必要な産毛には、効果が出ないこともあるんです。

医療脱毛でも、細すぎて見えない位、薄い産毛を完全になくすのは難しいですが、色素があれば脱毛は可能。

脱毛サロンよりも、綺麗に産毛の脱毛ができるのは間違いありません。

顔 VIOには医療脱毛がおすすめの理由

上にも書きましたが、産毛をエステの脱毛で綺麗にしようとすると、効果を感じるまでに、かなりの回数がかかります。

何回も通ったとしても、光脱毛のパワーでは脱毛しきれない産毛もあります。

それを考えると、最初から医療脱毛にした方が、回り道をしなくて済みます。

それに、脱毛サロンで使用しているスポットは大きいため、顔の様に凸凹している部位には不向き。

クリニックには、身体用の大きいスポットと、顔用の小さなスポットの両方が用意されています。(中には無い所もあるけど、多くのクリニックでは用意されている)

そのため、脱毛サロンよりも、細部まで照射することができます。

VIOも、回数が多くかかる部位なので、脱毛サロンより医療脱毛の方が早く終わります。

それに、脱毛サロンだと、Iラインの粘膜ギリギリまで照射してくれるところって、あまりないんですよ。

クリニックだと、Iラインの粘膜ギリギリまで照射OKか、GLOWクリニックのように粘膜まで照射できるところもあります。

安全な皮膚科を選ぶときのポイント

保証期間が長い

脱毛には、保証期間が設定されているところがほとんどです。

保証期間とは、契約した回数を消化するまでの期間で、期間内に通う必要があります。

保証期間は、2〜3年程度のクリニックが多め。中にはリゼクリニックのように、5年という長い期間を設定しているところもあります。

リスクやデメリットが開示されている

脱毛には必ずリスクがあります。

チェックするところはサイトにリスクの説明がきちんと載っているかということ。

それか、カウンセリングの時にリスクの説明をきちんとしたかということが重要です。

具体的には、火傷が起こった時どういう対応をしてくれるのか、硬毛化した場合の対処などです。

明確な料金設定

脱毛サロンにはありがちで皮膚科ではあまりないですが、複雑な料金設定のところは止めておきましょう。

よくあるのが月額数千円で安い!と思っても、トータルで見るとけっこう高い金額だったという話し。

トータル金額が明確に提示されているクリニックを選ぶようにしましょう。また、剃毛料はいくらかというのも見ておきたい所です。

医師の情報がサイトにきちんと載っているか確認

医師の名前と情報がサイトにきちんと表示されているか事前にしっかりチェックしていきましょう。

医師の情報を書いていないところは止めておいた方が無難。

医師がカウンセリングを行っているか

これもかなり重要なポイントです。普通のしっかりした皮膚科なら医師がカウンセリングをするのは当たり前だからです。

あまりないと思いますが、すべてが看護師さんの説明だけというのは、かなり適当なクリニックです。