顔脱毛にかかる期間はどのくらい?

顔の脱毛は、毛が薄いから早く終わりそうなイメージがありますよね。

ですが、意外にも顔の脱毛は、ワキや腕・足など、体の部位よりも多くの回数がかかります。

ここでは、顔脱毛にかかる期間と、早く通えるクリニックを紹介します。

顔脱毛が終わるまでにかかる期間の目安

医療脱毛なら、最短で半年程度で全体的に薄くなった印象になります。

エステ脱毛なら1年~2年程度はかかりますね。(毛が薄すぎたら、効果がでないこともある)

脱毛にかかる期間は、回数×通うペースで決まります。

脱毛は、毛が生えている状態の毛穴に照射しないと効果がないので、1回照射したら、再び生えてくるまで待ってから通います。

顔は、他の部位よりも伸びてくるサイクルが早いので、およそ1ヶ月のペースで脱毛することができます。

色素が薄い、または細い毛ほど、回数が多くかかるので、顔の中では頬が一番時間のかかる箇所です。

かかる期間の短い順にならべると、あご・鼻下→額→頬という感じ。

詳しくは下にまとめました。

医療脱毛にかかる期間

医療脱毛にかかる平均的な回数は、5~6回ですが、顔の脱毛にはちょっと少なく感じるかもしれません。

どこまで脱毛したいかにもよりますが、産毛ゼロのツルツルスベスベになるまでやりたいなら、10回程度はかかります。

回数×1ヶ月(通うペース)=顔脱毛にかかる期間なので、早くて5ヶ月、長くても1年程度で医療脱毛の場合は完了しますね。

鼻下に生える産毛を綺麗にしたいなら、5~6回でも、量がかなり少なくなって目立たなくなると思います。

エステ脱毛にかかる期間

エステの脱毛はパワーが弱いので、医療脱毛の倍以上の回数がかかります。

量が減るくらい、鼻下の産毛が目立たなくなるくらいなら、12回~18回程度で早くて1年〜1年半の期間。

ツルツルに近い状態にするには、20回以上かかる場合もあるので、長いと2年くらいかかってしまいますね。

よく脱毛サロンで「最短2週間で通える!」というワードを目にしますが、いくら生えるのが早い顔でも、2週間は早すぎます。

サロンに行ったら、「もっと早く終わりますよー」と言われるかもしれませんが、真に受けちゃダメ。

しっかり次の毛が生えて来たことを確認して通わないと、意味がないし、ちょこちょこ通って脱毛するのは、お金も時間もムダになります。

それと、エステの脱毛で注意してほしいのは、産毛をツルツルの状態にまで無くすのは難しいということ。

産毛が無くならないからといって、何度も照射すると硬毛化・増毛化のリスクが高まります。
※硬毛化・増毛化とは、照射の刺激で毛穴の細胞が活性化して、逆に毛が太く硬く、増えてしまう症状のこと。

「顔の産毛を減らしたい」「口周りの毛を目立たなくしたい」という程度なら、脱毛サロンでも十分結果が得られますが、「薄い産毛も完璧になくしたい」「完全にツルツルの状態を目指す」なら、エステでの脱毛はおすすめしません。

顔脱毛が早く終わるクリニック

脱毛に通うペースは最短で2ヶ月というクリニックも多いですが、ここでは顔脱毛に最短1ヶ月おきに通えるクリニックをご紹介します。

GLOWクリニック

GLOWクリニック待合室

GLOWクリニックの良いところは、8回コースの場合、8回目終了後にまた生えてきた場合は、1年間は無料で再照射ができるところ。

産毛の脱毛を綺麗にしたい人にはピッタリのコースです。

使用する脱毛器はメディオスターNEXT。硬毛化のリスクが低く、やけどのリスクも低い高温熱を使用しないことが特徴です。(60~65度程度)

顔の脱毛に適している脱毛機と言えますが、高温を使用しない脱毛の効果については、いまだ不明なところもあります。(まだ歴史も浅い)

私はメディオスターNEXTで、全身脱毛の経験が1回あり、その時の感想としては、「ライトシェアデュエットで脱毛した時と同じくらいの効果だな」という印象でした。

照射してから毛が抜けるまでに時間がかかるので、(確か2週間くらい)効果の実感が分かりにくいところはあります。

でも、次の毛が生えるまでに数ヶ月かかったし、量もちゃんと減っていたので、半信半疑だった私も「意外とちゃんと効果出てるなぁ」と感じましたね。

GLOWクリニックの詳細を見てみる

湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック内観

湘南美容クリニックの顔脱毛は私もしています。

鼻下の産毛が気になるだけだったので、量が減るくらいでいいやと3回コースにしました。

現在2回通ったところですが、効果がイマイチはっきりわからないので、やっぱり5回コースにしとけばよかったなぁと思います。(追加する予定)

脱毛機は、広く普及しているジェントルレ-ズと、IPLという光を使用した美肌脱毛と2種類あります。

アレキサンドライトレーザーは痛みが強いですが、IPLの方は痛みが優しいという特徴があり、効果はどちらとも同じと看護師さんが言っていました。

レーザーは単一波長でスポット的にターゲットに照射できるのに対し、IPL(光)は複数の波長が含まれているのでエネルギーが分散されるという特徴があります。

分散することで、広範囲の層にアプローチできるので、IPLは肌質の改善治療にも利用されています。(だから美肌脱毛という名前)

実際、またジェントルレーズの方しか受けていないので、違いが分からないんですが、美肌脱毛の方も受けたら、また追記しますね。

湘南美容クリニックの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。